30を過ぎてから睡眠に悩まされるようになりました。

30代になってから、睡眠に悩まされることが多くなりました。それまでは睡眠が悩みの種になるなんて思ってもいなかったので自分でもいささか驚いています。
私の場合、寝ても2~3時間で目が覚めてしまうか、11~13時間ほど一気に寝てしまうかのどちらかになってしまい、ちょうどいい時間(8時間など)だけ眠ることができないというのが悩みです。
前者の場合、一度眼が覚めるともう一度寝ようとしてもどうしても寝ることができず、かと言って目覚めがスッキリしているわけではなく、常に頭がボーとした、重い状態で一日を過ごさなくてはいけません。
後者の場合の方がマシなのですが、睡眠時間が長すぎてひどい頭痛に悩まされることもありますし、寝すぎなのでその日の夜に眠れなくなるというデメリットもあります。
私の今の仕事は割と単純作業が多くクリエイティブを要求される仕事ではないので、睡眠不足の状態でもなんとか気力で乗り切っていますが、眠れなくなってから仕事がおもしろくなくなり精神的にも落ち込むことが多くなりました。
また私は読書が趣味なのですが、眠れなくなってからは集中して本を読み続けることができなくなりました。
仕事と趣味、共に満足にできていない状態なので「人生の質」が落ちてるなーと感じることが多々あります。
中高年や高齢者の方は睡眠導入剤を服用している方も多いですが、私も近いうちにそうなるかもしれません。(北の大地の夢しずく

コメントは受け付けていません。